男性 髪 悩み

男性の髪の悩み

男性型脱毛症

主に男性にみられる脱毛の症状に、男性型脱毛症というものがあります。症状としては、頭皮が見えてしまうくらいに薄毛になってしまいます。薄毛や育毛で悩む人の大半が、この男性型脱毛症だといわれています。薄毛というと中高年のイメージがありますが、男性型脱毛症には壮年性男性型脱毛と若年性男性型脱毛の2種類があります。男性型脱毛症に悩むのは中高年だけではないのです。

 

男性型脱毛症は、その特徴から2つのタイプに分けられます。頭の前の部分から薄くなっていくM型と、頭のてっぺんから薄くなっていくO型です。自分がどちらのタイプかを見極めることも必要でしょう。

 

ところで、髪の毛の成長サイクルはどのようになっているのでしょうか。髪の毛の成長期というのは人それぞれですが、通常は生えてきた髪の毛が成長し、その後退行して休止期に入ります。これが、生えてきた髪の毛が成長せずにすぐに抜けてしまう状態が薄毛や育毛しない状態ということになります。休止期は誰でも髪の毛は抜けますが、髪の毛が生えてきてから休止期になるまでが早ければ早いほど、薄毛の悩みは深刻になるということです。

 

薄毛や育毛の悩みは1人で悩んでいてもなかなか解決しません。頭髪治療専門の病院や皮膚科を早めに受診し、早めの対策をとることをお薦めします。

男性の白髪

男性の髪の悩みというと、薄毛や脱毛(男性型脱毛症を含む)などがありますが、白髪も中高年男子の典型的な髪の悩みと言えます。ホルモンのバランスの変化や加齢といったことが、男性の髪に影響を与えるのです。

 

薄毛の場合は、育毛という髪を育てる方法がりますが、白髪の場合、生活習慣の改善によって白髪が減るということもありますが、基本の原因が加齢ですので、対処法として解決することが一般的となります。ここでいう対処法とは、白髪を染めるということ。

 

白髪染めの類の商品は市場に溢れています。これだけ種類があると、いったいどれにしたらよいのかかなり迷ってしまうはず。でも、実際にしっかりと選び出すと、その商品たちもある偏りがあることがわかってきます。そうするとさらに迷ってしまいます。

 

男性のための白髪染め講座をご覧になりますと、男性用の白髪染めとして、実はどのような商品を選べばいいのかがわかります。

ホーム RSS購読 サイトマップ